モモの介との出会い

投稿者: | 2017年1月16日

こんばんは、
モモの介の主、怠け者のだらだらシモンです。
今日は、うちのモモの介との出会いの話をしたいと思います。

私は、今では猫好きになりましたが、最初はハッキリ言って猫好きではありませんでした。
どちらかと言えば、嫌いだったかもしれません。

だから、友達から生後1ヶ月くらいの捨て猫を飼ってくれる人を探してるというメールを受けたときも、断ろうと思っていましたが、私が断る前に、当時付き合っていた猫好きのぽちゃゴリラ(仮名)が、飼うという返事を出してしまいました。

ぽちゃゴリラ何やってんだよ〜!
ぽちゃゴリラ余計なことすんなよ〜!

そして、
泣く泣く飼うことになりました。

モモの介が来た当初は、パソコンの上に乗ってきたら張り飛ばし、DSで遊ぶ邪魔をされたらロフトから突き落とす、ホント今考えると凄く可哀想な事をしました。
深く反省しています。
猫のモモの介
モモの介〜〜〜、
ごめんなさ〜〜〜い。

でも、
今では、モモの介が輸血が必要で、人間の血が合うなら喜んであげますし、臓器移植も合うならあげてもいいと思えるくらい大好きです。

モモの介〜〜〜
愛してるよ〜〜〜!

長く一緒にいると情がわいて好きになってしまいますね。
今では、嫌がるモモの介にベロ中をする仲です。

そして、
普段、モモの介が、あんまり美味しそうにキャットフードを食べるので、試しに味見をしてみたら超〜まずかったので、猫と人間は味覚が違うことがよくわかりました。

ジャレてきて遊ぶのが面倒臭いときは、ときどき嫌がらせに納豆を近づけると、臭いが嫌いなのか逃げていきます。

ご飯を食べていると嫌がらせにウンチして、さびしいと嫌がらせにウンチして、退屈だと嫌がらせにウンチします。

きっと、猫にとってのウンチは、愛情表現なんですね!?

膝の上でゴロゴロしているとき、
腕まくらでゴロゴロしているとき、
仰向けでゴロゴロしているとき、
猫のゴロゴロは凄く癒されます!
自分のお腹のゴロゴロは凄く困ります。

モモの介は、今では大事な家族の一員です。
男の子だから長男ですね〜。

まさに、
「お風呂も一緒、寝るのも一緒、いつも一緒のムニュムニュ」です。
※80年代のぬいぐるみのCM

これからも、モモの介とシモン、1人と1匹の家族で仲良く、面白おかしく生活していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
また、読んでいただけるように頑張って書きたいと思います。
また次回も楽しみにお待ちください。
よろしくお願いします。